完熟梅ペースト

(気になっていた完熟梅ペーストの紹介サイト)
 

(当ブログの2年前の記事)
 
その五十嵐さんが考案した完熟梅ペーストは
生の完熟梅を丸ごと鍋で煮てペースト状にするというもの。
砂糖も塩も使わないところが、レンチン梅と共通しています。 

完熟ペーストで作るアレンジメニューはいろいろな広がりがありそうなペーストです。 

  完熟梅ペーストを作ってみた
栄養士ペースト1

材料は完熟梅のみ! あ、でも水も使います。
道具はお鍋、裏ごし用網、ヘラなど。

今回少なめ290gです。





栄養士ペースト2

レシピではアク抜きとして水に浸す時間をとるのですが
 過熟寸前だったのでそれは省いて水洗い。

ヘタを取ってホーロー鍋にイン。
梅の実290gだったので、水も同じ290g(ml)入れました。
(レシピではひたひたの水、とあります)
 


栄養士ペースト3

最初は強火。
沸騰したら吹きこぼれずグツグツできる火加減で10分。

レシピにはありませんが、
白いアクが出るのですくい取りました。
 



栄養士ペースト4

加熱が終わったらザルなどでしっかり湯を切りして
ヘラなどで裏ごしします。

画像は製菓用のふるいを使ってますが
もっと粗目のザルでもいいと思います。




栄養士ペースト5

完熟梅290gから160gのペーストが作れました。
お味は酸味がほどよく抜けて、
梅の甘みが引き立ってます。

以上、これで完成です。
何にアレンジしようか楽しみです♪




  完熟梅ペーストの副産物を活用してみた
栄養士ペースト8

完熟梅からペーストを作ると
レシピにはない副産物が出てきます。

画像左上の種と搾りカス、
画像右上の茹で汁、
画像下のふるいとヘラに残った梅。

これ、もったいないですよね?

栄養士ペースト6

この茹で汁、舐めてみたらすっぱ!
梅から出た梅酢がたっぷり入ってます。

これを捨てるのはもったいない!

活用方法を考えてみようと思います。



栄養士ペースト7

取り除いた種と
搾りカス。
これは、ふるいとヘラに残った梅と一緒に
お疲れ様ドリンクにしました。

酸味もあり繊維もありで仕事終わりの至福の一杯!





  完熟梅ペーストを作ってみた感想また、茹で汁は捨てるとありますが、活用可能だと思います。練り梅にはなりませんが、酸味がまろやかになっていて、アレンジ調理しやすいと思いました。

保存期間は冷蔵で2週間、冷凍で1ヶ月だそうです。

キズがあってもそぎ落とせは使えるのでって思いました。